読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目黒川にお花見に行ってきました☆

こんばんは

 

仕事終わり。夜から週末にかけてずっと雨ということで、僕が所属するチームでお花見をしようということになった。個別で。各自健闘を祈るとのこと。あ、靖国神社いいですねえ。しゃくじいこうえん?杉並区ですか?あ練馬。私は三軒茶屋なので目黒川にします。

 

一旦自宅に帰って着替え、少し重い体を引きずって20時頃家を出た。池尻大橋で降りて階段を上がり、246を渋谷方向に歩くとすぐに桜が目に飛び込んできた。右折して川沿いに歩く。桜はもう見た。花見完了。一人だし、もう帰っちゃってもよいのだけれど、ここで踵を返す気にはなれなかった。もう少し歩いて、桜が僕に何を与えるか、それをみてみよう。

 

その考えが気に入って、そのまま中目黒方向にゆっくり歩を進めると、そこかしこで写真を撮っている人が目に付いた。その写真は一体何を与えてくれるんだろう。後にその写真を何秒見直すのか。僕は違うんだ。今この瞬間に、桜が生み出す何かを探している。スマホ越しでは見付からない何かを。ゴミのような優越感を感じながら暗がりを行く。

 

この辺りは案外人が少なかった。これならデートに最適だったな。一緒に花見しながら歩きたかったなあと、心がチクリと痛んだ。この痛みは、桜そのものではなく、お花見デートという行為から、もしくはそこら中にいるカップルという記号から想起されたものだろう。


これ程満開の桜の中にいるというのに、桜だけを見ることは難しかった。すれ違う人々、徐行する車、灰色の建物、それよりも少しだけ濃い色の空、吹き付ける春の風やイヤホンを突き抜ける川のせせらぎ。それら全てが僕の周りでひしめきあっていた。

 

花見に来たことで、桜を見ることによって僕の中に生じる何かを待っていたが、僕の思考は千々に乱れていた。乞田川沿いの奇跡のような花吹雪、ネイルサロンの手掛かり、中目黒に住んでいた元彼女との別れ際の会話等が、僕の頭の中をかき混ぜた。頭上に並ぶ薄汚れたぼんぼりは様々な情報を提示している。目黒川桜祭りっていうんだこのイベント。中華げんこつとアジアンタム法律事務所のぼんぼりは二つあるな。あ、東京土山人は三つだ。儲かってんだなあ。ぼんぼりの中にローマ字を見付けたら後で絶対に検索してしまうな。そんな気持ち悪いことは絶対にしたくないと思ったので、ピンクの光から意識的に目をそらして、ゆっくり歩いた。

 

ふと、一本の桜の木に、一体何枚の花びらが付いているのだろう、と思った。この数分で、一体何億枚の花びらを目にしたのか。その花びらを、僕は消費したのかな。消費したとして、それはどんなものに代謝されるのだろう。

 

対岸に少し開けた場所があって、ひときわ大きな桜の木が目に入った。足を止めて眺める。眼前に広がる白。徐々に視界が花に占領されていく。このまま僕が桜に埋め尽くされたら、意識は僕の外側と内側のどちらにつながるのだろうか。その時アプリの通知が来たので、駐車場の暗がりに下がってタバコを吸いながらスマホを操作した。二本吸った。僕はそのどちらでもない所にどっぷりと浸かっている。

 

店の中にも外にも酔客がおり、自転車に乗った少女が誰かに可愛い笑顔を向け、大いに主張する張り出した胸が目に突き刺さる。パーソナルスペースを圧し潰すように身を寄せ合う男女、繋いだ手の温もりまで感じ取れそうな家族。もうすぐ中目黒だ。


山手通りを越えると、桜の密度は変わらないのに、人も店も倍になった。一箇所だけ桜が綺麗にライトアップされていて、皆入れ代わり立ち代わり写真を撮っている。綺麗だと思った。スマホをかざしたい欲求を感じたけれど、それはしなかった。想起の仕方はどんなものでも浮かぶ情景は同じはずなのに、その写真を見て今日のことを思い出すのは嫌だった。もっと違う形にしたかった。


歩けば歩く程、桜は僕の視界の中心から外れていった。飽きていた。でもとりあえず行けるところまで歩こう。帰りの足取りは早くなりそうだった。


街灯やヘッドライトによってまだらに浮かび上がる人々の顔。様々な顔が一様に笑顔を浮かべていた。それを、又吉が火花で書いた、『沿道は白昼の激しい陽射しの名残りを夜気で溶かし、浴衣姿の男女や家族連れの草履に踏ませながら』というような文学的表現で表すことは僕にはできない。読書の絶対量が足りないのだ。浮かんでは消えていく言葉足らずの文字をスマホのメモ帳に入力する。然し乍ら、この考えはどこにも辿り着かず、今のところどんな形も結んではいない。この思考の垂れ流しに意味はあるのか。言葉が生まれた以上、生産性はある。強いていうなら、人間が、僕が、思考を生み出す存在だということが分かった。この思考そのものにではなく、思考を生み出す人間に意味、力、魂がある。そもそも何か意味のあることをしようとして歩き出したわけではない。従ってこの行為に意味などあるはずはなく、そこに意味を見いだそうとすることこそ無意味だった。

 

生み出されるものには二種類ある。目的のあるものと無いもの。目的があって創り出されたものには全て、当たり前だが意味がある。では人は?望まれて生まれてきた人、出来ちゃった人。セックスが生殖するための行為である以上、人間には全員意味があるのか。快感のためだけ、というように、今やセックスには生殖以外の様々な面があるが、そのことを理由として、人間は全員意味を持つという考えを否定することは少し違うような気がする。生まれ、殖える、ということ自体に、生存するという意味はある。だが、その意味には、一体何の価値があるのか。そもそも意味とは、価値とは何か。行為に有意、無駄、という判定を下すことに拘泥することは無くなったと思っていたけれど、やはり少し囚われている。僕は無意味を、無価値を、無駄を恐れているのか。いや、正確に言うと、僕は、生が、無意味なものであったとわかることを恐れているのではなく、その先に意味=価値、魂を持てなくなることを恐れている。それが死への恐怖だ。もはや桜など一つも見ていない。この花見に果たして意味はあったのか。何かが生まれることを期待していた。そして思考が生まれた。女の子はみんな綺麗だ。腰も肩も痛い。もう十分だ。帰ろう。